NHKで紹介された奇跡の「泡洗顔」とは

手遅れになる前に知っておきたい洗顔の常識 HOME > NHKで紹介された奇跡の「泡洗顔」とは

NHKで紹介された奇跡の「泡洗顔」とは

シミの悪化は、長年の洗顔法だった!?

2009年12月放送のNHK「ためしてガッテン」をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか。タイトルはズバリ『あなたのシミ消します!冬の美肌復活大作戦』。

美肌の敵の代表である「シミ」の原因のひとつが、実は「こする洗顔」による炎症だった
という衝撃的な内容でした。
その一部を番組HPから抜粋してみますね。

“ではなぜ炎症が何故、シミの原因になるのか?
炎症の起きた場所では有害な活性酸素が発生します。実は、メラニン色素には紫外線を防ぐ以外に、活性酸素を還元する働きがあります。そのため、スキンケアで慢性的に炎症が起きていると、皮膚にメラニン色素がたまってシミになってしまうのです。
熱心なスキンケアを心がけるあまり、逆にシミを自分自身でつくる皮肉な結果になってしまっていたんです。”

長年悩んでいた顔のシミが、自分自身のこする洗顔法によるものだったとは皮肉を通り越して、もはや悲劇ですよね。
同番組では、もちろんこのシミへの対処法もガイドしていました。

それは・・・、
 

こすらない洗顔のために

もうお分かりですね。その答えは・・・「こすらない洗顔」です。
正確に言うと、「泡を使った洗顔法」を番組では推奨していました。
具体的に「泡立てネットを使う方法」として、以下のようなやり方を紹介しています。

<用意するもの>
・石けん ・泡立てネット

①ネットを水で湿らせる
②石けんを数回こすり合わせる
③両手でこすり合わせて泡立てる
④少量の水を加えて空気を入れる
⑤蒸気を繰り返して完成

というものでした。

さらには「泡だけでメイクを落とす方法」として、

①たっぷりの泡を顔に乗せる
②手は顔に皮膚に全く触れなくてよい
③手の平を上下に動かし押しつける(ポンピングする)
※顔全体で所用時間の2~3分程度
目尻や小鼻の部分は泡だけで洗いにくいので指でなでるように落とす

補足
落ちにくいポイントメイクやウォータープルーフタイプのものはクレンジング剤を併用。
クレンジング剤はたっぷりと使う。スムーズに指が滑るだけの量を用いることで、
力を入れずこすらないで落とす事ができる。

ということまでシッカリと案内していました。

CMもスポンサーも一切シガラミのないNHKが、科学的に検証した結果です

これでも、まだゴシゴシ洗い続ける勇気ありますか。
 

泡洗顔なら「つかってみんしゃいよか石けん」

泡洗顔料はいろいろありますが、その安全性や販売実績、またコストパフォーマンスから見て「つかってみんしゃいよか石けん」がもっとも優れた洗顔料のひとつではないでしょうか。

「つかってみんしゃいよか石けん」は、2012年度【オリコン顧客満足度ランキング】において、通販コスメ洗顔部門の第1位を獲得した大人気の洗顔石鹸です。

yokasekken.jpg

よか石けんの原料である火山灰シラスは、長い年月をかけてミネラルパウダーになったものです。この火山灰シラスを含む泡が毛穴に入り込み汚れを吸着することで、毛穴の黒ずみや費し汚れをスッキリ落としてくれるのです。

よか石けんの柔らかなモチモチ泡が、あなたのシミの原因を解消してくれるかもしれません。

>>>「つかってみんしゃいよか石けん」をもっと詳しく